消波根固工法におけるブロック製作用型枠の賃貸及びこれに伴うコンサルティングを行う会社です。

三省水工(株)ロゴ

本社直通電話:0334635394

トップページトップページ製品紹介製品紹介最新情報最新情報企業案内企業案内技術研究所技術研究所お問い合わせフォームお問い合わせフォーム

ワーロックR型

HOME > 製品紹介 > ワーロックR型 斜積堤体消波工法

斜積堤体消波工法

ワーロックR型 WAROCK R type

white_1-1.png

white_1-1.png
カタログPDF閲覧カタログPDF閲覧
white_1-1.png
賃料表PDF、本州、四国、九州賃料表PDF、本州、四国、九州white_5-5.png賃料表PDF、北海道、沖縄賃料表PDF、北海道、沖縄
white_1-1.png
賃料表は、本州、四国、九州版と、北海道・沖縄版に、
分かれています。

ワーロックR型PDF表紙

ワーロックR型は、ワーロックの消波理論(ワーロックマニュアル参照)を基本として、護岸専用のブロックとして開発されました。
堤体を垂直から3分勾配に傾斜させることにより、裏込土の土圧の軽減を計り、そのため比較的小重量で安定するよう設計されています。3分勾配壁面の土圧係数は垂直壁面に比べ約6割程度に軽減します。それにより所要堤体重量も4割程度軽減でき、従って、その分経済的断面とすることができます。
また、遊水部(ブロックの横断幅)も、消波機能上、内海、内湾の短周期の波浪に効果的な需要幅を確保します。
ワーロックR型は、以上のような波に対する消波機能と土圧に対する安定性の技術的問題に対し経済性に配慮しながら合理的に開発された工法です。

ワーロックR型函塊

型式 実質量 体積 型枠面積 L B H
(t)  (㎥) (㎡) (m) (m) (m)
RA型 2.8  1.223 8.090
1.00 2.00 1.0
RB型 7.8  3.386 16.062
1.40  2.80  1.40

※各型式には1/2型、枘無タイプがございます。

□護岸
道路護岸や海岸保全事業などの海岸護岸、緑地護岸に、自由な曲率法線で施工でき、経済的で最適な工法です。擁壁と消波機能を同時に兼ね備えているため消波工の設置の必要がなく、また、異形ブロック消波工と異なり法足が出ないため、砂浜の利用や親水性の向上、景観が美観的であるなどの利点があります。また、堤体上部は平坦なため遊歩道や魚釣り場などにも利用できます。

□消波工
ワーロックR型による消波工は、既設護岸の前面に直接設置することが出来ます。
浅水深、中小波高の消波工として、断面も小さく経済的であり護岸前面の利用性も向上します。

北海道春立漁港
北海道春立漁港

和歌山県天皇谷柄杓井線
和歌山県天皇谷柄杓井線

愛媛県深浦漁港
愛媛県深浦漁港

福岡県佐波海岸
福岡県佐波海岸

長崎県玉ノ浦港
長崎県玉ノ浦港

熊本県八代港
熊本県八代港

大分県下ノ江バイパス
大分県下ノ江バイパス

北海道香深港
北海道香深港

white_1-1.png

●サイト内検索

Powered by Google

製品イメージ
製品紹介製品紹介

▶大型直立消波函塊
 ・ハニーウォール

▶直立消波ブロック
 ・ワーロック
 ・ワーロックR型

▶異形消波ブロック
 〈シーロックシリーズ〉
 ・シーロック(標準型)
 ・シーロック(B型)
 ・シーロックⅧ
 ・シーロックアドバンス61

▶ガンマ・エル
 ・ガンマ・エル

▶被覆根固ブロック
 〈スタビックシリーズ〉
 ・スタビック(標準型、TN型)
 ・スタビックtype F

▶環境製品
 ・高輝度蓄光材
 ・海藻カートリッジ

総合パンフレットPDF閲覧総合パンフレットPDF閲覧

お問い合わせお問い合わせ

採用情報採用情報

特許出願項目特許出願項目

販売実績のあるブロック販売実績のあるブロック

関係リンク

日本消波根固ブロック協会日本消波根固ブロック協会